無料の古紙回収について子どもたちも学んでいます

無料の古紙回収について子どもたちも学んでいます

無料の古紙回収について子どもたちも学んでいます 「どうして古紙回収を無料で行うの?」子どもたちはこのような疑問を持つことがあるようです。大人たちが子どもの頃とは違って、現代の子どもたちは幼稚園や保育園時代からリサイクルについて学ぶ機会も多く、小学生でもごみの分別などに詳しいことがよくあります。学校の授業でもごみのリサイクルについて学ぶこともあるため、自然とごみのリサイクルができるようになり、親の方が学ぶことも多いようです。

子どもたちは無料で古紙回収をされたものが、いったいどうなるのかについても興味があります。実際のところ、古紙回収をされたものの多くはトイレットペーパーに生まれ変わることが多いです。トイレットペーパーは消耗品なので、いくらあっても追いつかないですし、大量に作っていても保管場所があれば全く無駄にならないものでしょう。災害が起きて物流が滞ることになった場合を考えると備蓄しておいた方がよいものですし、感染症拡大の際には買い占めが起きてしばらく手に入らないこともありました。実際には工場は動いているのに、ネット上の間違った情報が拡散されたことによるデマでしたが、このときに備蓄を考えた人は多いと聞いています。子どもたちが通う学校のトイレットペーパーもその多くが再生紙でできたものを使っている場合が多いと聞きます。

無料で古紙回収をされる紙類は、それぞれの種類に分けてビニールひもで結んで出すようになっています。これは、古紙もそれぞれ分別することによって、再生しやすくするためです。新聞紙は新聞紙だけ、雑誌類は雑誌類だけというようにそれぞれ分けなければなりません。その理由は、新聞紙は新聞紙やコピー用紙に生まれ変わり、雑誌はお菓子の箱や本に生まれ変わるためです。まとめると、新聞紙がお菓子の箱になることはないことが理解できます。

子どもたちに無料の古紙回収の大切さを教えるときには、回収された古紙が何に生まれ変わっているのかを教えると興味を持ちやすいです。いつも食べているお菓子が入っている箱は、ママが読んでいるような雑誌から作られているのだと理解してくれます。

今、目の前にある紙製品はどれだけのものが再生されたもので作られているのかと考えると、リサイクルについて興味を持ちやすくなりますし、これから古紙回収をしてもらうときも、気分が違ってくるかもしれません。限りある資源を大事にし、少しでも緑を減らさないようにするには大人から子どもまで協力して古紙のリサイクルに努めることにあります。

お知らせ